私の愛する小さな街

今日は、仕事お休みです♪

この機会に、愛車(自転車)のブレーキシューを交換しました。

かれこれ、十数年乗っているクロスバイクです。

やっぱり、メンテナンスすると快適ですね。

気を良くした私は、地元の街をぶらり。

サイクリングすることにしました。

私の住む街は、とにかく寺院が多いです。

数えたことはありませんが、徒歩圏内に50以上はあるんじゃないでしょうか。

なんせ、一時期は「一向衆の持ちたる国」でしたからね。

一向一揆軍の大将として、織田信長と戦い、敗れた住職のお寺も近所です。

お寺が経営する幼稚園なんかもあり、生活にも溶け込んでいます。

少年時代、夏休みのラジオ体操はお寺でやりましたし、遊び場としても散々お世話になりました。

なんせ、家の両脇がお寺と神社でしたからね(笑)

ちなみに、写真のお寺の近くには、昭和天皇がお気に入りだった蕎麦屋があります。

こちらも、築百年以上の味わい深い建物です。

…というか、この辺り一帯は築百年以上の家屋ばかりですが(笑)

やっぱり私は「焼けてない街」が好きですね。

空襲に遭っていない街、ということです。

道幅が狭く入り組んでいたり(卍型の道なんかもある)、唐突に行き止まりだったりと、モータリゼーション社会には適応していません。

日当たりも悪いしね。

でも、この味わい深さは捨てがたい。

上手く言えませんが「意味が多層的」なんですよね。

「焼けた街」の整然とした街並みは、確かに合理的です。

「戦後社会」という一時代に適応した「意味」で出来ている、という事です。

例えば「車が通るから、道幅は広くまっすぐに」と。

逆に言うと、意味が平面的ですよね。

対して「焼けてない街」は、何百年という時代時代における、様々な「意味」が折り重なっているんです。

例えば「卍型の道」「唐突な行き止まり」は、「敵軍が攻めてきた際の防御」という意味があります。

この意味は、現在では意味を失っています。

無意味です。

しかし、その無数の無意味が折り重なり、熟成すると「魔法が掛かったような、味わい深さ」になるんですよね。

私は、それが好きなのです。

私が生きた時代も、いずれ一枚の「無意味」として重なっていくのでしょう。

お昼ごはんは、近所の食堂で頂きました。

昔ながらの「中華そば」です。

私の街では、これが名物なのです。

鶏がらスープの澄んだ味わいに、浮かぶ一枚のカマボコがトレードマーク。

地味ながら、麵もチャーシューも自家製です。

写真は大盛ですが、洗面器かと見まがう大きさです(笑)

これで、税込み700円。

お安いですね。

20cmはあるであろう、特大ソフトクリームです(笑)

これで税込み130円!

この店の名物なのですが、先代(頑固親父)は機嫌が悪いと売ってくれなかったんですよね。

ソフトクリームだけ?ああ?お前には売らん!!みたいな(笑)

現在は娘さんが店主になっており、いつでも快く売ってくれます。

 

…ということで、何のオチもトリックもない、フツーの具体ネタでしたm(__)m

あ~明日から6連勤だぁ(;_;