【43歳男性】郵便局員の源泉徴収票と給与

いつも心にサイコパスを★

こんにちは、サイコパスの郵便屋さんです。

 

若い郵便局員さんが、FIREを目指す際の参考になると思いますので、給与明細や源泉徴収票も定期的に公開していきます。

 

昨年の源泉徴収票

f:id:yuubinyasan:20211210121159g:plain

43歳既婚男性、調整手当無です。

黒塗りが多くて申し訳ありません。

地域基幹職、外務(配達)です。

郵便局員の給与の特徴

若いうちは、超安い

郵便局員の給料は、30台前半まではとにかく安いです。

大卒初任給で16万円台、かつ昇給も年2,000円程度で、

これじゃあ、20万超えるのに何十年かかるんだ…

筆者も不安になったものです。

 

しかし、35歳を超えたあたりから急激に伸びていきますので、40歳以降はそこそこになります。

 

外務(配達)が一番高い

郵便局員にも、「窓口」「金融渉外」「支社等の企画職」と様々な職種があります。

このうち、最も給料が高いのは、以外にも外務(配達)職です。

一時期は「金融渉外」が花形といわれた時代もあったのですが、例の「かんぽ不正販売問題」以降、見る影もない状態です。

 

「支社等の企画職」は、旧国家公務員時代でいう「国家二種」に相当します。

配達からでも、転用試験(論文と面接)で合格すればなれますが、おすすめはしません。

筆者も数年間経験したことがありますが、上意下達が徹底された軍隊のような所です。

 

上司が席を立てば…

行ってらっしゃいませ!

戻ってきたら…

お帰りなさいませ!

無礼講のはずの飲み会でも…

料理が遅せえぞ!店長を呼べ!

は、はい!かしこまりました!

そんな感じで、気が休まる時がありませんでした。

 

それでいて、給料は8~10万円下がります。

 

筆者は結局、数年で降格願いを出して配達に戻してもらったのですが、年収が100万近く上がりましたからね。

 

ちなみに、局長まで出世しても、年収1,000万円を超えるのはほんの一握り。

配達ならば、最終的に年収800~900万円(東京23区なら1,000万円も)いきます。

 

会社で、「誰も出世したがらない」事が問題になってますが、これで上を目指せというほうがおかしいですよね。

 

ただし、いまの給与水準が維持できなくなるのは時間の問題です。

f:id:yuubinyasan:20211210160202p:plain

これは、2025年までの中期経営計画からの抜粋です。

日本郵便の郵便物流事業の営業利益は、20年度の1237億円から、23年度には650億円、25年には330億円へと激減する見込みとなっています。

 

青写真ともいえる中期経営計画でこの数字ですから、実際にはさらに厳しいものになると思われます。

 

筆者がFIREを目指しているのも、この現状によるものが大きいです。

 

以上が、筆者の源泉徴収票及び郵便局員の給与の概略でした。

給与明細も、定期的にアップしていきたいと思います。

 

それではみなさん、今日もお付き合い下さり、ありがとうございました。